第52回我孫子聖仁会病院市民公開講座「死について考えてみよう」

 「死」という日本人にとってはタブー視しがちなテーマで市民公開講座を行いましたが、一般市民44名の方が参加してくださいました。 病気だけでなく、地震や風水害での被害もあり、自身の終活を考えておく必要がある内容で、熱心に聴講されておりました。

知ってください!緩和ケア

 昨年、緩和ケア紹介展示をしたところ、当院に緩和ケア病棟・外来があることを知らない方が多数あったこともあり、今年度も引き続き<緩和ケアを知る>、<当院緩和ケア病棟・外来を知る>の2点の紹介展示を実施。 加えて『ねがいの木』を用意して、患者・家族・医療従事者が、緩和ケアを必要とする方のために願うこと、緩和ケアを提供する医療従事者への要望、病を抱えて生きる方のために願うこと等を“葉っぱ”に書いて、幹に貼りつけた。 みんなの願いは青々と茂った『ねがいの木』となっており、足を留めた方がちょっとクスッと笑ったり、ホロっと涙ぐんだりでした。 その他、緩和ケアのシンボルカラーであるオレンジの花を咲かせる花の種を300袋準備し、足を留めていただいた方にお分けした。 ねがいの木にあるたくさんの願いを叶えるためには私たち職員も努力が必要ですが、オレンジの花があちこちに咲くが如く、緩和ケアを多くの方に知っていただきたいと思いました。