ホスピス緩和ケア週間イベント

 当院5階ホールにおいて、ホスピス緩和ケア週間にちなんだイベントを開催し、患者や家族ら約40人が来場されました。 内容は緩和ケアチームメンバーによる寸劇を行い、がん治療中の患者が主治医、緩和ケアチーム医師・看護師、薬剤師、管理栄養士、リハビリ、退院支援看護師らと相談し、在宅療養に向けて取り組む様子を紹介しました。 相談コーナーでは、緩和ケア病棟や緩和ケアチーム、終末期心不全の緩和ケアについて情報提供しました。来場者からは、 「緩和ケアは怖いイメージがあったけど、寸劇はわかりやすく色々な人に相談にのってもらえることがわかった。」との感想が聞かれました。
 このイベントを通して、早期から多職種チームが関わることで、緩和ケアを身近なものに感じてもらえたらと願っています。