緩和ケアのパネル展示

 外来患者さん、家族が多数、ポスターを見てくれて、資料を持ち帰っていた。今回は、緩和ケアの紹介と緩和ケアチームの各職種の役割をポスターに作成した。 リハビリ、薬剤師、管理栄養士、歯科衛生士、看護師、がん相談支援室が1枚づつポスターを作成した。

いつでもどこでも緩和ケア

当日の報告はこちらをクリックしてご覧ください。  体験アロママッサージや、ウィッグ展示、歯科衛生士の口腔ケア相談、栄養管理士の栄養相談や補助食品の試食試飲コーナーや、緩和ケアに関するパンフレットや書籍コーナー、 がん患者の就労相談(ハローワークや産業支援センター)や、よろず相談、パネル展示を行いました。 パネル展示には慢性心不全看護認定看護師に「循環器疾患の緩和ケア」、子どもたちには「みんなにがんばる力おすそわけ」というテーマで協力してもらいました。 市民公開講座では各科の医師(10名)がわかりやすく病気についてのお話をしてくれました。