第3回ホスピス緩和ケア週間イベント 病棟内覧会

 平日の日中にも関わらず、17施設の方にお集まりいただきました。多くの方から、定期的な開催を望む声をいただきました。 現在の緩和ケア病棟の受入体制や状況を説明いたしました。

もっと知ってほしい緩和ケア〜あなたに伝えたいこと〜

 今年度で3回目となる緩和ケア週間イベントは、昨年度同様、2日間に渡り行った。事前に入院・外来患者さんにインフォメーションしたり、地域への広報活動を行った。 今年度は口腔ケアについて取り上げ、医師からのお話や看護師からの指導を行った。熱心に話を聞き相談される方が多く、関心の高さがうかがえた。 その他、緩和ケア病棟見学ツアーやハンドマッサージ、ハープ演奏を行った。「緩和ケア病棟は最期に行く場所ではない」「治療期から緩和ケアも並行して受けることが必要」など、 昨年度と比べて正しい知識を持った方が増えた印象があった。各部門からの協力をて、セミナーの資料やリーフレット、栄養補助食品や口腔ケアグッズを配布し、患者さんやご家族との交流を深めることができた。

市民講座 緩和ケアについて

 緩和ケアに興味のある一般市民が多数来場してくださり、講演後には質問があったり、緩和ケアに関するポスターも好評でした。 アンケートにも「今まで何となく知らなかった事を具体的に説明していただき、とても参考になりました。」「わかりやすく、優しい口調でもっと色々聞いてみたいと思う講演でした。」などの意見もいただきました。