ホスピス緩和ケア週間啓発イベント

 当日は10時〜11時の1時間、病院エントランスホールにてイベントを実施しました。栄養相談には一般の方からの相談があり、管理栄養士が対応させていただきました。
 イベントを通して、一般の方には「緩和ケア」という言葉・イメージがなかなかつかない部分があるようでしたので、今後、更に緩和ケアを分かりやすく理解していただく機会を検討していきたいです。

緩和ケア週間

 「緩和ケア週間」と題し、緩和ケアについて啓発・普及活動のイベントをエントランスで開催しました。
 今年は4月より緩和ケアチームを発足したため、看護師、栄養士、リハビリ、MSWが交代でブースに立ち、緩和ケアのチラシ入りポケットティッシュを配りながら、声をかけさせて頂きました。 また、栄養士による栄養補助食品の紹介と試飲などを行い、昨年以上に多くの方に立ち寄って頂きました。
 現在、治療中の方とその家族のみならず、数年前にがん治療し経過されているがんサバイバーの方々とその当時の思い出を語りあったり、面会者の中でがん治療中の友人に対し、 どのようなサポートや声掛けをしたらよいか等の質問を受け、パンフレットを紹介させて頂いたりと多くの方々と対話をする時間が持てました。 昨年以上に緩和ケアに対するご理解と意識が高まっていることを感じ、緩和ケアチームのメンバー共々、日々研鑚し努力していかないといけないと感じました。