緩和ケア病棟ロビーコンサート

 病院正面玄関ロビーホールにて・ホスピス緩和ケアのお話・トーンチャイム音楽コンサート・パネル展示〜日常のひとこま〜の内容で緩和ケア病棟ロビーコンサートを実施しました。 地域の方が約30名参集してくださり、入院患者やご家族も、お話やトーンチャイムの音色に耳を傾けておられました。緩和ケア病棟での日常を写真に収めたパネル展示にも関心が寄せられていました。 今回は、職員に向けての広報という目的もあり、場所をロビーホールにしたことから職員の参加も促すことができたと考えます。参加者からは、「癒されました」「お話がよくわかりました」「楽しかった」「良い取組ですね」等の声が聞かれ好評を得ました。

市民公開講座 もしもの時のための私の心づもり−アドバンス・ケア・プランニング−

 昨年のホスピス緩和ケア週間のイベントに引き続き今年も「アドバンス・ケア・プランニング」の公演と「緩和ケア病棟ってどんなところ?」と題して緩和ケア病棟の1日やイベントなどを紹介した。公演後は、認定看護師による相談窓口を設けた。合わせて緩和ケア病棟の見学を行った。
 参加者の参加動機は緩和ケアやテーマに興味があったという意見が多く、アドバンス・ケア・プランニングに対する意識の高さを感じた。また、参加者は自らの意思を周囲の人たちと共有しておくことの大切さを感じていた。 さらに、実際に見学していただいたことにより、正確な情報イメージとして緩和ケア病棟を啓蒙できたと考える。

オータムコンサート

 ボランティア演奏の方々が来られ、秋の歌や、広島カープの応援歌など演奏していただき、みんなで歌いました。
 また前日には、サプライズで広島カープの新井貴浩選手が慰問に来てくださり、皆さんに大きな力を頂きました。

チームで支える緩和医療〜ご存知ですか緩和ケア〜

 入院棟売店前にて、口腔ケアサポートチームによる無料口腔乾燥測定と唾液マッサージ指導を実施。歯科医師5名が常駐し、来訪者への対応を行いました。 栄養管理部は学生6名とともに、来訪者への対応とアンケート依頼および健康補助食品の味見を依頼し、サンプル9品の食べやすさなどのアンケートをとりました。 緩和ケア普及のためのチラシ入りティッシュは、2時間で300個なくなり、アンケート等に協力してくださった方は、160名以上でした。

オープンホスピス

 地域より6名の参加がありました。緩和ケアについて担当医、看護師よりお話しをさせて頂いた後、病棟見学を行いました。 初めて病棟に来られた方ばかりでしたので、病棟の雰囲気に温かさを感じておられました。オカリナの演奏会では、優しい音色に包まれ、どの方も穏やかな表情をされていたのが印象的でした。

音楽のつどい

 医師による「緩和ケアについて」の講演や、病棟での取り組みについてスライドショーで紹介を行いました。
 後半のピアノと歌のミニコンサートでは、「ハレルヤ」など5曲が演奏され、参加された方々は素敵な音楽に癒された様子でした。 その後もティーサービスやハンドマッサージ、アニマルセラピーなどを体験して頂き、会場は和やかな雰囲気でした。
 近隣の地域の方、他病棟の入院患者さんも来られ、より広く緩和ケアについて知って頂く良い機会となりました。

マリンバコンサート

 緩和ケア病棟のラウンジで、緩和ケア病棟に入院中の患者様や家族を対象に、マリンバコンサートを行いました。
 ボランティアによるティーサービスを受けながらマリンバの深みのある音色に包まれ、穏やかな時間を過ごされていました。 また、今年もボランティアの方が、ホスピス緩和ケア週間のポスターを作成し、病院のロビーや緩和ケア病棟のラウンジに展示してアピールをしました。

緩和ケア病棟見学会

 医師より緩和ケアについての講演を聞かれ、オレンジバルーンプロジェクトについて理解できたという方や、実際に緩和ケア病棟を見学され緩和ケアを知る良い機会となったと感想をいただきました。