在宅医療推進フォーラム「在宅医療」知っていますか?

 当日は約120名収容の会場がほぼ満席となり、在宅医療や終末期のケアなど、人生の最後まで可能な限りQOLを高めたり、安心して最期の時を過ごしたいといった思いや関心の高さが伺えました。 回収したアンケートには、「ご家族を看取った方のお話はためになった」「一人でも在宅で死ねることが分かって良かった」といった声も寄せられていました。

緩和ケア病棟を知ろう

 「リビングウィルの話」を演題に講演を実施した。患者・家族、一般市民、医療関係者の方が傾聴されていた。

いつでもどこでも緩和ケアが受けられる社会へ

@外来患者さんの休憩スペースにパネル、パンフレットを設置。期間中展示した。
A10月10日・12日・13日は、病棟ボランティアによるハーモニカ演奏を行った。演奏前に、『緩和ケア週間の目的』・『病棟案内』・『ボランティアについて』の説明を行った。

ホスピス緩和ケア週間

 報告書未着

フォレスト家族会(遺族会)

 報告書未着