エンゼルメイク実技練習

山口県エンゼルケア研究会の定例行事としてエンゼルケイクの実技練習(黄疸)を開催しました。まず、研究会の世話人代表を務める塩瀬栄子によるメイクの手順や、注意するべき点などを手順書にそって実技指導を行いました。その後グループにわかれ参加者全員でメイクの実技練習を行いました。エンゼルメイクを行うことにより少しでも死に至った患者様や死に直面されたご家族の援助の道につながっていくように今後も活動を続けていきたいと思います。


市民公開講座

緩和ケア医が「緩和医療」の講演を行い、緩和ケア認定看護師が「在宅療養を支える訪問看護」という題で参加者とのセッションを行い、会場はなごやかな雰囲気であった。音楽ボランティアによるオカリナとアイリッシュハープの演奏に合わせて参加者とともに歌の合唱を行い、帰りに参加された一般の方の、「がんになったら緩和ケアのみなさんが支えてくれるということがわかって、いつかがんになったとしても怖くないと思えた。」という言葉が印象的であった。


「ホスピス緩和ケア週間」講演会

報告書未着