緩和ケアホスピス週間イベント

1)緩和ケア紹介ブース(病院正面玄関)来場者数5日間192名
2)オープンホスピス 参加者数23名 「オープンホスピス」イベントは事前参加登録制で、当日緩和ケア講演、緩和ケア病棟見学ツアーを実施した。 質疑応答では一般市民からの活発な質問があった。


緩和ケア!知って・使って・癒されて…

今年7月にオープンした木造平屋建ての地域緩和ケアセンターで開催されました。 8畳ほどのキッズルームに、介護ベッドや手摺り・車いす等を設置し、最新の介護用品の紹介と体験を行いました。 また、今年は働くスタッフ達が癒されるようにと、アロマスプレーの作成やアロママッサージを企画しました。 「あー気持ち良かった」という声を沢山聞くことができました。


緩和ケアウィーク

@春日井市、市民病院のがん検診、治療、緩和に関する取り組みについてのポスター展示、リリー・オンコロジー・オン・キャンバスの展示を当院1階中央ホールで行いました。たくさんの方がポスター、パンフレットを見てくださいました。
A緩和ケアデイでは、ポスター展示に加えハンドマッサージ体験、ピアサポーターによるがん相談会、ゴスペルコンサートを行いました。ハンドマッサージでは、市の広報誌を読み参加された方、マッサージ中に様々な想いを語られた方がいました。 春日井ゴスペルクワイア&上小田井グレイスゴスペルクワイアの皆さんによる歌のプレゼントがありました。中央ホールを手狭に感じるほど多くの方が参加され、素敵な時間を共有することができました。


いつでも どこでも 必要とするすべての人に がん緩和ケア

当日は爽やかな秋晴れとなり、緩和ケアに関するミニ講演会やライアー演奏会を開催した。 その後は、がん体験者(NPO法人ミーネット)による相談会や管理栄養士による栄養相談会、ウィッグやネイルケアなどのおしゃれ相談会、アロマハンドマッサージを行った。 相談やハンドマッサージ等を受けられた後の、安心した表情や笑顔が印象的だった。 今回は、当院の緩和ケアチームと相談支援センターの紹介カードを作成し、お菓子と詰め合わせて配布したところ、大変好評だった。緩和ケアについて関心を持って頂けるきっかけになれば幸いである。


緩和ケア週間2014

当院では「緩和ケアへの理解」を深めることを目的に、エントランスホールにおいて3回目の「ホスピス・緩和ケア週間」が開催されました。 緩和ケアの内容などのポスター展示、院内緩和ケアチーム、乳がんサロン会などの患者会の紹介など、緩和ケアの普及・啓発活動に取り組みました。 また、9日には一宮市公認キャラクター「いちみん」が登場し、来院された方々に和みのひと時がプレゼントされました。


緩和ケアデー

5日から緩和ケアについてのポスターを1階総合受付前に掲示し、当日はハンドマッサージや緩和ケアムービーの放映を行い、患者様とご家族が参加されました。 「緩和ケアについて知ることができました」「マッサージは気持ちよくて癒されました」など好評価をいただきました。


緩和ケア週間

 報告書未着