かほく茶ろん

去年に引き続き行いました★事前登録なし、参加無料、自由参加形式。
お茶とお菓子を囲みながら患者同士・医療者と自由に歓談しました。 山形名物の玉こんにゃくの振る舞いは好評でした。 今回は絵手紙作成コーナーを設け、自分が作った作品を記念に持ち帰りました。
土曜日午後の2時間という短い時間でしたが、参加者からは楽しい時間だったと好評でした。入院患者さんからは、入院中のいい思い出になったと言われました。 こういう自由に話が出来る場所をもっと増やしてほしいという声も上がりました。あまり大きな宣伝はしませんでした。次回はこういう場所があるということを もっと広く発信してみようと思います。
冬にもう一度しようかという話が出ています。



市民健康講座「がんとむくみ」

はじめに、当院緩和ケアチームの外科医が「なぜむくみ(浮腫)は起きるのか〜リンパ浮腫の病態生理〜」というテーマで講演を行った。 次に、リンパ浮腫療法士の資格を持つ当院の緩和ケア認定看護師が「むくみケアの実際」というテーマで講演した後、 運動療法や保湿剤の塗り方等を参加者と一緒に行って直接指導し、リンパマッサージの体験演習も行った。
講演終了後は個別の相談コーナーを設け、実際にケアや介護を行っている患者家族等が講師の前に列を作り、終了時刻が予定時間を45分もオーバーした。
その他、会場には関係書籍や弾性ストッキング、様々なケア用品を展示し、当院緩和ケアチームのスタッフが説明や質問に答えた。