平成25年度ホスピス緩和ケア週間キャンペーン

今年度はがん診療運営委員会と合同で取り組みを行った。
9月2日(月)〜10月31日(水)は病院玄関ホールに緩和ケア病棟の紹介パネルを展示し、普段は入院患者さんの療養環境を保つため開放していない、 緩和ケア病棟の施設を来院の方々へ広く広報した。また、10月8日(火)の13:00〜15:00の間パネル展の会場で、メディカルカフェを開催し 緩和ケア医の安部医師や緩和ケア認定看護により、いろいろな相談を受けた。
毎年恒例となった病院北側屋上のライトアップ(緩和ケアのイメージカラーのオレンジ色)もホスピス緩和ケア週間の10月6日〜12日の1週間行い、 道行く方にも緩和ケアの啓発が出来たように思う。



家で過ごしたい気持ちを支えるには〜外来でのかかわりについて〜

看護師による症例提示のあと、検討課題に関して、グループディスカッションを行なった。グループ分けは、職種、施設が混在したグループとした。 ディスカッションのあと、検討課題に対する検討内容をグループごとに発表していただいて、終了とした。
参加者からは、様々な施設、職種との関係作りができ、有意義な時間だったとのご意見をいただいた。