寺子屋健康塾 緩和ケアとは

出前公開講座の一環として「緩和ケアってなに?」と題して緩和ケアについて一緒に考えました。家族が終末期で在宅で過ごされている方や担当の患者さんが終末期である医療従事者が参加されて今後の過ごし方を一緒に考えることができる場となりました。
自分自身の死、大切な人の死について考える時間でもあり今後に役に立つという評価をいただきました。今後も地域における緩和ケアの普及と向上のために継続していきたいと考えています。


お月見会

今年は、日ごろの病棟の姿をみて頂けるよう、劇を企画しました。
身寄りのない患者が地元宮崎に帰りたいと言う希望を少しでも叶えられないか、コメディカルを含むチーム皆で考え協力し、患者の思いを支えると言う設定で劇をしました。 宮崎名物のひょっとこ踊りや、地元の友人の設定で院内バンドの演奏なども取り入れ、患者さんやご家族、見に来て頂いた皆さんに楽しんでいただけたのではないかと思います。



ホスピス緩和ケア週間

報告書未着



ホスピス緩和ケア週間記念コンサート

報告書未着