わかりやすい緩和ケアのお話

緩和ケア部長の講演のあと、会場からの質問に直接お答えするコーナーがあり、その後、緩和ケア病棟へ見学(希望者のみ10名ほど)



緩和ケアに関するポスター掲示

院内での掲示である為、外来者、院内関係者など自由に閲覧されていた。



ホスピス緩和ケア週間パネル展示

外来待合スペースの一画に、パネル展示スペースを設けて展示を行った。展示内容は、ホスピスデーのポスター、緩和ケアの理念、当センター緩和ケア科の歩み、 緩和ケアチームの紹介、緩和ケア病棟施設案内、緩和ケア病棟行事の様子、緩和ケア病棟でのリハビリ緩和ケアボランティアの紹介などである。
また、外来スペースのテレビ画面には期間中、日本ホスピス緩和ケア協会作成のビデオを上映した。 展示ブースには、オレンジバルーンの風船を飾り、オレンジバルーンのチラシ、バッジ、ストラップなどを置いて、自由に持ち帰りができるようにした。 オレンジバルーンが目立って、多くの外来患者が立ち寄って下さった。院内のスタッフも立ち止まって見ている姿も多く見られた。