復興ライフカフェ テーマ“空高く夢をえがこう”

1)10月6日(木)・7日(金)、職場体験の中学生4人が、ライフカフェを一緒に企画、在宅患者さん宅に手料理を持参し、 緩和ケア推進テーマソング”空高く”を歌いながら緩和ケアチームと2日間で5カ所を巡った。
2)緩和ケアチーム7人が、それぞれが被災地に出向いたり、復興支援活動の写真を持って7日間緩和ケアを語り毎日報告会を行った。
3)さくら保育園の園児の79人のみなさんに”空高く”をビデオ収録していただき、被災地に活動の度、 緩和ケア推進テーマソングとして流すことが出来た。



こころの休憩室 ハンドマッサージ体験

10月1日(土)、5回目となる「赤十字健康まつり2011」を開催した。 「笑って、元気になって、前へ進もう」を合言葉に、健康測定コーナーや糖尿病に関するコーナー、調剤体験コーナー石巻焼きそばの無料サービスなどのイベントを行った。 その他にもシージェッター海斗や、ベガルタ仙台のマスコットキャラクターベガッ太君も登場し、集まった子ども達の笑顔はとても輝いて見えた。
特別講演には、2度のパラリンピック出場を果たしている宮城県気仙沼市出身の佐藤真海さんをお迎えし、特別企画では6代春風亭柳朝師匠の「落語」、鏡味仙志郎師匠による「太神楽」を披露いただいた。 天気にも恵まれ、当日は約2000人の来場者を迎え盛況のうちに終わることができた。
緩和ケアチームでは、「こころの休憩室」を開設し、来場者にハンドマッサージの施術を行った。 約100人の方に来場いただき、ゆっくりとした時間を過ごしていただいた。