秋のコンサート

今年は緩和ケア病棟と緩和ケアチームが相談して企画した。
緩和ケア病棟では多目的ホールにて、『プティ・セナクル』のピアノ、チェロ、独唱による「秋のコンサート」を行い、 全5曲の演奏・歌の後“見上げてごらん夜の星を”を患者さん、スタッフともに歌った。
外来では、エントランスにポスターと風船を飾り、受付にオレンジバルーンプロジェクトのグッズをご自由にお持ちいただけるよう置いた。 また、外来看護スタッフだけでなく、医療技術部スタッフも、胸にピンバッチをつけて、“ホスピス緩和ケア週間”のPRを行った。
当日の様子



がん緩和ケア市民公開講座

今回で二回目の市民公開講座となった。 一回目は、緩和ケア病棟が始まる前に開催したが、今回は病棟が始まってからの実際の所のお話ができ、 地域のみなさまに少しでも緩和ケアというものをお伝え出来たのではないかと思う。
一生懸命メモをとりながら聞いてくれる方の姿もみられた。