@市民公開講座/A緩和ケアセミナー

@「がんになったらどうする?」をテーマに、ある患者さんががんと診断されて、 治療から在宅に帰るまでの朗読劇を緩和ケアチームで行った。 がんになっても一人ではない、様々な職種で支えることができる!というメッセージを込めた。 朗読劇前後でアンケートを実施したが、多職種が関わることを理解していただけたように感じた。 また「やってみよう笑いヨガ」と題して、チームメンバーと市民の方々と笑いヨガをおこなった。
A2010年のガイドラインをもとに、「がん患者の苦痛の緩和、消化器症状と呼吸器症状を中心に」をテーマとして行った。