がん相談支援センターの出張相談

当日、今後医療にかかわる仕事を目指したいがどのような資格が必要か、がんという病気に対する不安、 肉親のがん療養に関する相談の計3件の相談があった。特にがんに対する不安については「がん=死」という考えが強く、 一般市民に対する現在のがん医療の情報、緩和ケアに関する啓発をさらに進める必要があると感じた。
また、事前活動として行った「リレー・フォー・ライフ川越」、社会福祉協議会主催の「あいあいまつり」においては約50名の方が啓発ブースを訪れた。