緩和ケアセミナー

当院ホスピスへの紹介元病院(がん拠点病院を除く)へ案内し、院外からは25名の参加者があった。 また、当院はホスピス開棟5年目を迎えたが、院内でのホスピス緩和ケアの理解は不十分であり、 院内へもセミナー参加を呼び掛け、21名の参加者があった。
緩和ケアセミナーでは、ホスピス医師から、「当院ホスピスの現状」について話があり、 ホスピスで可能な治療、紹介のタイミングなど話された。 緩和ケア認定看護師からは、当ホスピスに入院された、印象に残る事例のケアの実際についての報告があった。
参加者からは「ホスピスで出来る治療や実際のケアを聞いて、ホスピスの理解が深まった」 「ホスピスが具体的にイメージでき、今後のケアに役立つ」などの感想があり、 地域病院とのネットワーク作りのスタートとなったのではないかと感じた。
今後も、ホスピス緩和ケア専門施設としてがん診療連携拠点病院や地域の病院とのネットワーク作りをしていくとともに、 地域住民に対する緩和ケア普及にも取り組んでいきたい。