阿蘇温泉病院 緩和ケア病棟桃花水二周年記念講演会

今回は熊本地域医療センターの田上 正医師をお招きし「緩和ケアが目指すもの」と題し、 がんや緩和ケアに関する知識的なことから、実際の現場での患者様との関わり方などをご講演いただいた。 また質疑応答では医師や医療福祉関係者より、日頃の悩みや疑問が多数上がり、大変有意義な会となった。
今回の講演では、田上医師より貴重なお話を聞くことができたのはもちろんのこと、各病院や施設、 そして在宅サービス関係者が緩和ケアについて共に学び考え、交流できたことが大きな収穫となった。



緩和ケア講演会「癌診療を支える在宅緩和ケア」

「癌診療を支える在宅緩和ケア」をテーマとし、市民向けに緩和ケアおよび在宅医療のお話をした。 今後の展望として、「より早期からの緩和ケア」の実践について啓発を行なった。
Performance Status (PS):2程度の患者さんが、外来化学療法などで基幹病院の外来通院を行うとき、併せて在宅医療を提供するあり方であり、 肺癌や膵臓癌の症例が主体だが、比較的長い期間の在宅緩和ケアを提供できている。 在宅医療を外来通院に併用するあり方は、患者・家族のQOLの向上に役立つと思う。
参加者は少人数であったが、地元新聞の情報欄を見て、自らの意思で参加くださった方々に感謝している。 病める家人を持つ方の眼差しは真剣なものであり、市民への緩和ケアに関する啓発は、小さな集いであっても継続する必要性を感じる機会となった。