パネル展示とホスピス家族会
開催日:パネル展示10月5日〜10日 家族会9月6日
主 催:岡山済生会総合病院(岡山県岡山市北区)
参加者:パネル展示…約200名、家族会…28家族35人

パネル展示:
今年は「緩和ケアチームについて」を中心に、昨年に引き続き、緩和ケア病棟の説明とホスピスボランティアの活動について展示した。
また、今回もオレンジバルーンプロジェクトに賛同し、ポスターを展示し、風船を配った。
2年目の為か、昨年より見ている方が少なかったが、一般的な知識としてご覧になっているようだった。 1〜2時間/日、担当者が待機したが、相談する人は少なかった。啓発には役立ったと思う。

ホスピス家族会:
今年は病院の都合で少し早く、9月6日に行った。まず、入院中の写真をスライドにし、担当看護師の言葉を添えて映した。 多くの方に喜んでいただけたが、辛かったと言われた人も若干いらした。
その後、グループに分かれ、現在の心境を分かち合ってもらった。 「辛いのは自分だけではない。」「同じ悲しみを持つ同志、慰められたり、元気付けられたりした」とアンケートに感想を書かれていた。
最後に例年通りボランティアによるオカリナの演奏があり、皆、オカリナの演奏に癒された。
参加者のほとんどが初対面であったが、何人かのご家族が、終了後、一緒に食事に行かれ、打ち解けて話が出来たそうである。よい出会いの機会にもなったようだ。