「風と木の会」でハレルヤ合唱
開催日:10月10日(土) 19:00〜
主 催:NPO宮崎がん患者支援NW(宮崎県宮崎市新別府町)
参加者:30名(職種多数)

今回で、56回を迎える健康を考える「風と木の会」では、10月10日の夜7:30〜アマチュアゴスペルグループの指導で、「ハレルヤ」を合唱した。
宮崎市の緩和ケア医、黒岩ゆかり医師による趣旨説明の後、素人でも歌えるように短くアレンジした「ハレルヤ」を参加者全員で合唱した。 参加者には、ゴスペルグループの他、プロのソプラノ歌手もいたため、ぶっつけ本番の合唱団とは思えない迫力であった。 合唱の後は、ゴスペルグループによる「ハレルヤ」とその他数曲のミニコンサートがあり、それに続いて、黒岩医師による 「緩和ケア・ホスピスの現状」についてのミニセミナーが開催された。
多様な職種、年代の人たちが集まる会で「緩和ケア・ホスピスに関する認識があらたまった」という感想が多く聞かれた。