気づいていますか?身近にある緩和ケアに
開催日:10月5日(月)〜9日(金)
主 催:愛知県がんセンター愛知病院(愛知県岡崎市欠町)
参加者:260名程度(患者、家族、医師、看護師、ボランティア、その他)

当日は天気のお悪い中、50名の方が栄養補助食品の試食会に参加して下さった。 ある患者さんは家族とともに試食会に参加され、栄養士と熱心に話をされ、「これなら食べられそう。」と笑顔で帰宅された。
緩和デイケアの1日体験では、合計11名の患者、家族が参加された。参加者からは「患者同士で話す場があるといいね。」 「いつもやっているの?」などの反応があり、緩和ディケアに大変関心を持っていただけた。
外来の待合場にテレビを設置し、緩和ケアの紹介DVDを作成し上映したところ、約10名/時間の参加者がおられた。






緩和ケア相談会&「笑いで元気になろう」落語講演会
開催日:10月8日(水)
主 催:名古屋医療センター(愛知県名古屋市)
参加者:約200名(一般市民、患者、家族、医師、看護師、薬剤師、MSW、ボランティア、その他)

当日、台風前の雨天にも拘らず、当院のホスピス緩和ケア週間のイベントに約400人の方がご参加下さった。
テーマは「笑いで元気になろう!」。地元のがん患者サポートNPOを通じて落語研究家の一升亭呑介氏を招き、 当院薬局前ホールにて午前中30分程ご公演いただいた。午後からも入院病棟食堂に演台を設置し、狭い場所ではあったが、 入院患者様が50人近く来場され、皆様悪天候をも笑いで吹き飛ばす勢いで楽しんでおられた。
また、1F薬局演台横では緩和ケアに関する相談ブースを2つ設け、NPO法人ミーネットの協力によりがん体験者による相談会と 緩和ケアチームによる専門相談会を開催した。その他にもOrange Balloon Project関連グッズの配布や各種がん専門冊子を 自由にお取りいただけるように専門の場所を設けたところ、患者様やご家族、その付き添いの方々など多くの方々にご利用いただき、 緩和ケアに関して認識を高めていただく事ができた。